ノーズワークハンドリング

あんなに暑い暑いと言っていたのに、あっという間に10月です。朝晩は冷えますね。

ぱうぜでのノーズワークレッスン(フードサーチ編)の一区切りとなる回が9月末に開催されました。今日はそこに参加してくれたトイプードルのぽんすけくんをレポートしたいと思います(^.^) (ミックス犬のゆめくんもいます↓)

雑種 ノーズワーク教室 東京 トイプー ノーズワーク教室 東京 ミックス犬 ノーズワーク 東京

 

 

 

 

 

 

 

 

トイプードル ノーズワークレッスン 東京

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽんすけくんはノーズワークは初めてとの事ですが、1回目からノリノリで楽しんでくれました。少し大きめのトイプードルなので、今回用意していた高さのところもひょいっと立ち上がって嗅いでくれます。

 

 

動画の最初のセッションでは、ハンドラー(リードを持つ人)さんが短めにリードを持っているのに注目!

ノーズワークでは愛犬のサーチを邪魔しないようにリードワーク(リードの持ち方)をハンドラーが身につけることもとても大事な要素です。今は何もない限られた室内なので影響は小さいですが、もっと広い会場や物置やごちゃごちゃした室内などでサーチをした時に、リードに引っかけて物を落としたり、愛犬のサーチ中の動きを制限しないようにリードワークを意識する必要があります。

ハンドラーさんも初めてのノーズワークから、動画が進むにつれて少しずつリードさばきが上手くなっていることにも注目して見てください↑

 

来月からアロマサーチ編がスタートしますが、同様にリードワークは大事な要素です。また、徐々にハンドラーがターゲットの場所を知らない状態から、愛犬がターゲットを見つける→「ありました!」と宣告する形に移行していきます。ゲームっぽくなってくるので、とっても楽しいよ(^^)/ 人も犬も楽しめる内容になっています。アロマサーチでも、待ってるよ~(^.^)